NEWS

ニュース

ニュースリリース

2022年4月18日

海外からの入国本格再開!介護・飲食料品製造の事業者向け
【無料】アフターコロナを見据えた『特定技能』外国人材受け入れセミナー開催

①5月12日(木) 14:00~15:00 ②5月18日(水)14:00~15:00

総合人材サービスのパーソルグループで外国人材に特化した人材サービスを提供するPERSOL Global Workforce(パーソル グローバルワークフォース)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:多田 盛弘 以下、PERSOL Global Workforce)は、介護・飲食料品製造の事業者向けに「特定技能」外国人材の採用・受け入れについて事例とともに開設する無料オンラインセミナーを開催します。

■セミナー開催の背景

3月より海外からの入国、本格再開!

一方、外国人材の採用経験がない企業の多くは、採用のノウハウ不在から受け入れに不安あり。

日本商工会議所の調査※1によると、人材不足に悩む企業の約過半数の47.9%が「特定技能の外国人材」の採用に興味を持っていることがわかります。一方、まだ外国人材を採用した経験がない企業に課題を聞いたところ、外部要因としては「特定技能の受入れ手続きがよく分からない」(40.4%)、「特定技能外国人の受入れに必要な費用がよく分からない」(31.7%)を、内部要因としては「特定技能外国人の採用に係るノウハウ(募集や選考方法など)がない」(38.3%)、「特定技能外国人の受入れに際して漠然とした不安がある」(28.4%)が上位の課題として挙がりました。

また、パーソル総合研究所の調査※2によると、人材確保対策の優先順位1~3位の選択割合をランキング化した結果、既に外国人材を雇用している企業では、「外国人材の活用」は1位(41.2%)と最優先で考えられています。半面、外国人材非雇用かつ今後雇用を検討している企業では 「外国人材の活用」の優先度は12位(9.2%)となっており、いつから外国人材採用に着手し始めるかで、今後のグローバル採用競争力に大きく影響していく可能性があります。

※1日本・東京商工会議所 「多様な人材の活躍に関する調査」調査結果 https://www.jcci.or.jp/i/20210930_tayou.pdf

※2パーソル総合研究所「外国人雇用に関する企業の意識・実態調査」https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/data/employment-of-foreigners.html

 

■セミナーの概要

PERSOL Global Workforceは、アフターコロナ後の企業の成長戦略を踏まえた外国人材採用の必要性とともに採用・受け入れに関する不安を解消すべく、本セミナーを開催いたします。

セミナー名 アフターコロナを見据えた 『特定技能』 外国人材受け入れセミナー
日程 ① 5月12日(木) 14:00~15:00 
② 5月18日(水)14:00~15:00
※どちらも同じ内容です。ご都合の良い日程にご参加ください。
対象 介護もしくは飲食料品製造業の事業者さま
特定技能の外国人材採用について検討している、もしくは、情報収集をはじめたい事業者さま
実際にどんな外国人材がいるのか、他社の事例を含めて知りたい事業者さま
※同業他社の聴講はお断りさせていただいております。
ポイント 当日は、外国人材受け入れの概要を事例とともに一挙公開いたします!
・複雑な在留資格やマーケット動向をわかりやすく解説
・当社のご支援実績と受け入れに向けたサポート体制・事例のご紹介
・ご紹介可能な国や人材のご紹介

(※自己紹介動画を見ながら実際にどんな方がいるのか具体的なイメージを持っていただけます)

○お申し込みフォーム

https://webforms.pipedrive.com/f/1HGerdiYHgpGDKT996Q0tGxlKSuevBwa7z9U3u86tt6DAsqMClCfCEYm1uSx60qST

○締め切り:各セミナー日程の2営業日前18:00までとなります。

○セミナー申し込みなどに関するお問い合わせ先

TEL: 03-6759-8649 MAIL:PGW-info@persol.co.jp

 

■登壇者ご紹介

PERSOL Global Workforce株式会社 代表取締役社長 多田 盛弘

政府開発援助の事業を中心に過去20年間30か国以上で、コンサルタントとして産業開発、人材育成、保健医療、教育など多様な分野での事業実施経験をもち、2018年は外務省の政府開発援助に関する有識者懇談会の委員を務めた。これら事業現場での文化、言語、宗教など異なる背景をもつ多様な人材の活用経験から外国人材とのはたらき方に対する多くの知見を有している。また、国内では経済産業省の日本企業の新興国市場開拓補助事業や農林水産省の地方創生事業の実施責任者を担い、日本企業の支援経験も多数有している。現在、厚生労働省「地域外国人材受け入れ・定着モデル事業」の責任者。

■PERSOL Global Workforce株式会社について< https://persol-gw.co.jp/ >

PERSOL Global Workforce(パーソル グローバルワークフォース)株式会社は、「“Work, and Smile”Decent work for everyone.」をミッションに掲げ、外国人材に特化したサービスを提供するため、2019年10月に発足しました。企業の即戦力として活躍できるミドル層の人材(一定のスキル・語学力をもつ、在留資格「特定技能」にて就業するレベルの人材)および総合職レベルの人材(技術エンジニア、ITエンジニア、文系職種など、在留資格「技術人文国際」にて就業するレベルの人材)を対象に、外国人材の募集・育成から就業・受け入れまでのすべての過程を一貫してサポートすることで、はたらく個人と企業双方にとってクリーンで質の高いサービスの提供を実現いたします。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/>

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

contact icon

CONTACT

お問い合わせ

外国人材に関するご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。